お弁当

母が作るお弁当は

 

日の丸弁当だった

 

日の丸の周りに昆布の佃煮が置いてある

 

それがあたしのお弁当だつた

 

それが 恥ずかしくて

 

周りが羨ましくて

 

 

 

反抗した時期に

 

お弁当を食べずに帰った

 

受け付けなかった

 

持っていったんだっけ

 

記憶がない

 

 

とにかく食べなかった

 

 

口も聞かなかった

 

 

そうして自分を守った

 

 

 

また 記憶が抜け落ちてる

 

 

 

 

あたしは昆布の佃煮が食べれない