ひとり

一人でいるのがいい

 

それが世のため私のため

 

 

もう犠牲者も私も傷つくことは避けなくては